【必見!】多汗症に効く食べ物・悪化させる食べ物はこれ!

多汗症に効く食べ物を紹介!

皆さんは普段の食生活で気を付けていることはありますか?

特に女性はそれぞれの目的に沿った食生活ルールを持っていたりするものです。

朝は必ずビタミンや酵素豊富なスムージを飲む、揚げ物は食べない、発酵食品を摂取する等、数えたらキリがないと思います。

では、多汗症に悩む女性たちは一体なにを食べたら効果があるのでしょうか?

 

大豆食品が多汗症に効果的

比較的効果があると言われているのは、女性の味方として名高い大豆食品です。

多汗症の原因として交感神経の活発化が挙げられています。

交感神経と副交感神経の働きによって興奮したり、リラックスしたり、いわゆる自律神経をコントロールしています。

それを正常化に導いてくれるのが大豆に含まれているイソフラボンです。

豆腐や納豆、豆乳、湯葉の他にも醤油、味噌など調味料に含まれているので、和食は多汗症の強い味方と言っても過言ではありません。

「和やかな食」と書いて和食というのも頷けるのではないでしょうか。他には夏野菜として挙げられることが多いキュウリ、トマト、茄子等です。

夏の暑さで火照った体を癒す食材でもあり、美容にも効果があります。

キュウリはむくみを取り利尿効果を高め、トマトには美肌効果の高いリコピン、茄子の皮の紫色には鎮静作用のあるアントシアニンが豊富に含まれています。

もちろん夏以外に食べても効果はあります。

これらの食材は季節によって調理法を変え、旬の食べ方が出来る楽しみにもなり、多汗症にも効果があるなんて一石二鳥かもしれません。

 

反対に多汗症を悪化させてしまう食べ物

では反対に汗を出しやすくしてしまう食品をみていきましょう。

まず、興奮剤や眠気覚ましに使われることが多いカフェイン飲料です。

先にも述べましたが交感神経を活発にさせるので過剰摂取は控えたほうがいいかもしれません。

他にも辛いものや乳製品が多く含まれているインスタント食品などがNGとされています。

辛いものを食べると体が熱くなりテンションが上がったり、ストレスが溜まり自律神経が乱れるとインスタント食品が無性に食べたくなったり、これらの状態は交感神経が深く関わっているといえます。

 

まとめ

多汗症に効く食べ物は、交感神経を健やかな状態に保ち美容にも効果のある食材が豊富にあるということがわかりました。

これらの食品を自分なりのアレンジで毎日の食生活を豊かにしてみてはいかがでしょうか。

食べたものは体に反映されます。悩みを逆手に取って、多汗症で悩んでいる女性が前進できますように。