あせしらずを購入する前に知っておきたい副作用と危険性

あせしらずを購入する前に知っておきたい副作用と危険性を紹介!

あせしらずは辛い汗を抑える効果のある人気の制汗サプリです。

現在ものすごい勢い人気で男女問わず売れています。

あせしらずを購入したいと思っているけれど、一番気になるのは副作用のことではないでしょうか?

そこで今回はあせしらずを購入する前に知っておきたい副作用と危険性を紹介します。

 

あせしらずの全成分を紹介

以下があせしらずの全成分です。
デキストリン
ギャバ
コーンシルク抽出物
プエラリアミリフィカ末
チェストベリーエキス末
アメリカにんじん末
塩化カリウム
微結晶セルロース
ショ糖脂肪酸エステル
微粒二酸化けい素
トレハロース
ビタミンE
ベタイン
乳糖

特にどれも体に有害な成分は一切入っていません。子ども(10代)から60代以上の大人の方まで男女限らず安心して飲むことができます。

各成分の詳しい説明についてはこちらの記事を御覧ください。

唯一気をつけたほうが良いのは、妊娠中や授乳中の方です。

妊娠中や授乳中の方は主治医に相談してから飲むようにしましょう。

 

 多汗症の原因

最近、電車の中吊り広告等で「多汗症」という言葉を目にする機会があると思います。

読んで字のごとく、汗をたくさんかく症状のことですが、どのような原因でそうなるのでしょうか。

一般的に多汗症は緊張したり、不安を感じたり交感神経が活発になると汗腺が刺激されて発汗が促される症状とされています。

温度調節が必要のない環境にも関わらず、大量に汗をかいてしまう状態を指し、汗がなかなか止まらないことを意識すればする程、どんどん汗をかいてしまう方も多くいます。

多汗症は2種類ある

多汗症は大きく二種類に分類されます。

ホルモンバランスの乱れが原因とされる全身性多汗症とストレスが原因とされる局所性多汗症があります。

更に局所性多汗症には部分ごとに種類があります。

手のひらに汗をかく手掌多汗症、足の裏にかく足蹠多汗症、脇の下、頭部、顔面からの多汗症があります。

それぞれ特定の部分に大量の汗をかくので悩みもそれぞれ深刻です。

手のひらだと書類や本のページが濡れてしまったり、足だと蒸れて臭いが発生します。

脇の下は洋服にうつった汗ジミが目立ち、頭部はせっかくセットしてもヘアスタイルは濡れて崩れてしまいますし、顔面だとメイクが落ちてしまいます。

はやく汗がおさまらないかと焦れば焦るほど汗はとまってくれないという経験をされた方も多いのではないでしょうか。

多汗症の方々に共通しているのは、リラックスしている状態だと比較的大量の汗はでないということです。

緊張して、汗が止まらない状態にいても、仕事で忙殺され、夢中で働いていたら汗がすっかりひいていたということも結構あります。

原因として一番多いのは交感神経の活発化による緊張や興奮状態からくるものが一番有力だとされています。

 

まとめ

現代社会において交感神経を刺激しないように日々をリラックスした状態で過ごすのは比較的難しい状態にあります。

人それぞれ緊張やストレスを感じる状況も千差万別ですし、中には電車に乗るだけで汗がとまらなくなる方も多くいます。

多汗症はすぐに治るようなものではないので自分に合った対策法を見つけ、上手に付き合っていく覚悟が必要です。

あせしらずサプリにはリラックス効果のあるGABAも入っているので、汗が大量に出てきたときはあせしらずを飲んでしっかりと汗を抑えましょう!