多汗症に効くツボを紹介!

多汗症に効くツボを紹介!

多汗症は今日は大丈夫だと思っている場合でも、いきなり汗が止まらなくなってしまうことがあります。

会議中など席を外せない時や手に何も持っていない時は困ってしまいます。

そのような時に人目に触れなくても手軽にできるツボ押しを紹介します。

まずは緊張やイライラに効果のある「労宮(ろうきゅう)」です。手を握った時にできる窪みを深呼吸しながら押しては離すを繰り返します。

次に汗止めの効果がある「後谿(こけい)」と「陰郤(いんげき)」です。

「後谿」は手の小指下にある感情線のスタート部分にあります。つまむように刺激してあげましょう。

「陰郤」は小指側手首付け根から肘向きに指一本分下のところにあります。親指で小さな円をかくように押してあげます。いずれも深呼吸をしながら行います。

脇腹にある「大包(だいほう)」も効果があります。こちらは顔や脇の下など上半身の汗止めに効果があるとされています。脇の下を直線に降りたところとバストのすぐ下ラ

インが交わる部分です。骨が当たり少し痛みがあるかと思いますが押した後は気分もすっきりします。

足には内くるぶしから指3本下に位置する「復溜(ふくゆ)」というツボがあります。体の熱を静め、体内水分を調整してくれる心強い作用です。

最後は万能のツボとして名高い「合谷(ごうこく)」です。手の親指と人差し指の間付け根に位置します。こちらもゆっくり押しては離すを繰り返します。こちらも熱を調整する効果がありますが様々な不調に効くので常に刺激してあげたいツボです。

 

まとめ

多汗症に効果のあるツボは意外とたくさんあります。

ツボは美容にも効果がありますし、いつでも押せるので助かりますね。

いきなり汗が止まらなくなってしまったとき、思い付いた時いつでも試してみてはいかがでしょうか。

多汗症は辛いかもしれませんが、サプリメントなどの摂取や生活習慣の改善を行っていけば、段々良くはなっていくので、一歩ずつでも前に進んでいきましょう!